キャンプ初心者にも使えるロープ結びの基本

ロープ結びはキャンプでのテントやタープ設営、木にロープを張る時に役立ちます。キャンプや私生活でも活用できる簡単なロープ結びを紹介します。

 

もやい結び
ロープ結びの中で代表する結び方となり、慣れれば作り易く・ほどけない結び方になります。ロープの端に輪を作る結びで、作った輪に重さが加わっても輪の大きさが変わりません。また、簡単に解く事ができることができます。

用途:テントのフライシートの固定や重い物をロープで固定する場合

 

結び方

①輪を作ります            ②輪の中へ下側から通します
 

③編むように手元ロープの下を通します ④最後に最初に作った輪に通します
 

⑤完成!!

 

自在結び(トートラインヒッチ)
木などに縛り付けて、綱の張りを調整することができる便利な結び方です。

用途:テントやタープをペグ・木への固定に使用したり、ロープを木に縛り付けて洗濯物を干す場合

 

結び方

①ロープを掛け、下から重ねます     ②輪っかの中に通します
 

③もう一度同じ輪っかに通します        ④少し間隔を空けた所に下から重ねます
 

⑤できた輪っかに通します           ⑥もう一度下から重ねて、輪っかに通します
 

⑦完成!!

※自在結びについて、色々な本やホームページで確認しましたが、それぞれで多少結び方が違うことが分かりました。その中で一番分かり易く使いやすいと思った結び方を紹介しています。

 

2重8の字結び
シンプルな結び方にも関わらず、信頼性の高さはもやい結び以上で、登山やロッククライミングでは最も使われている結び方です。荷重を掛けても解けにくいですが、緩めにくい点はあります。

用途:ポール等の先端に掛ける、登山やロッククライミングのカラビナに使用する等

結び方

①ロープを2重にします        ②2重にしたロープで輪を作ります
 

③一重結び+半回転巻きつけます    ③最後に元の輪っかに通します
 

④完成!!結び目が数字の8に見えます

 

 

本結び
本結びはロープ同士をつなぎ合わせる時に使い、もっとも基本的な結び方です。縦結びと結び方が似ているため勘違いされていますが、本結びの方が強度が高く且つほどきやすくです。

 

用途:ロープの長さが足りない時の延長等

 

結び方

①ロープ同士をからませます       ②それぞれのロープが同じ方向から出る様にします
 

③完成!!

縦結びの結び目